水は循環するからなくならない?ウォーターフットプリントから見る人類の水消費量

水は循環するからなくならない?ウォーターフットプリントから見る人類の水消費量
どこのご家庭でも、蛇口を捻れば当然のように水が出てきます。日本は世界の中でも水道水がそのまま飲める数少ない国の一つです。思わず、絶えることなく水を供給されるような気がしますが、遠くない未来に水がなくなる可能性があります。ここでは、自然と水のサイクルの仕組み、ウォーターフットプリントをもとに、人類の水消費量を説明します。

水はなくならない?

利用可能な水は地球上の水総量の1%に満たない

アメリカ地質調査所の報告によると、地球上にある全ての水を集めると直径1,385キロメートルの球になるとされています。想像するのは難しいかもしれませんが、思った以上に小さくなります。また、全ての水の97%は海水であり、淡水は3%程です。淡水のうち、人間が使用する水のほとんどが河川の水です。しかし、河川水が淡水の中で占める割合はとても少なく、アメリカ地質調査所の発表によると、河川水が淡水の中で占める割合は、わずか0.006とされています。残る淡水の7割は氷河などで、残りの3割が地下水となります。私たちが使用できる河川や地下水は1%に満たないのです。

水循環について

地球に存在する水は太陽熱で、海から空に蒸発して他の場所に移動します。これが、陸上で雨や雪に変化し、土壌や山に降り注いで大地に潤いをもたらします。大地からの水は、そのまま川に流出したり、地下水になったりして再度海に戻るという循環を繰り返しています。このようなサイクルを「水循環」と呼びます。近年、ダムの建設や森林伐採といった人間の活動によって水循環のバランスが崩れ始めており、日本だけでなく、世界でも大きな問題となっています。このようなことから、将来使用できる水が足りなくなることが考えられます。

ウォーターフットプリントとは?

製品などに使われる水の総量を数値換算したもの

ウォーターフットプリントとは、製品やサービスの背景にある、水消費量や汚染を数字に表すために提案された指標を指します。例えば、製品なら、原材料の栽培・生産、製造・加工、輸送など、そして消費されるまでのライフサイクルであり、直接的・間接的に消費・汚染された水量を示すものです。

ウォーターフットプリントからわかること

事業者は、環境負荷の減少・削減効率の高い段階をチェックすることができます。一方、消費者は製品の水使用量を知ることができます。
また、原料を作る企業などの水負荷への意識を高めて、水利用の削減を呼びかけることが可能となります。このように、水資源の持続的な活用、不必要な水の削減、水の利用状況などが把握できます。
ただしウォーターフットプリントは、水消費量や汚染を数字に表すために提案された指標となりますが、これだけで全てが判断できる訳ではありません。

人類の水消費量

世界における水使用量

1950年、アジアの水使用量は860立方キロメートル、北米は289立方キロメートルでした。1995年、水使用量は2倍以上になり、アジアで2,157立方キロメートル、北米は672立方キロメートルと大幅に増加しています。そして、2025年になれば、より水使用量が増えることが見込まれます。

ファーストフードに必要な水量

食品を作るにも水は使われます。身近なファーストフードの製品を挙げてみます。
例えば、牛丼並盛りの場合、必要な水量は約2,000Lとなります。これは、輸入した牛肉1kgに対して、約15,000Lの水が必要になる計算です。製品を作るにもそれだけ多くの水を消費することとなります。ファーストフードは文字通り早く食べられて便利ですが、それと引き換えに水が犠牲になっていることがわかります。

まとめ

重要な資源である水を大切にするために、私たちができることを考えましょう。具体的には、水を無駄遣いしないよう歯を磨く時に水を出しっ放しにしない、水を汚染しないよう、調理を終えたフライパンに付いた油をそのまま洗い流さないといったことが挙げられます。限りある資源を大事に使っていきましょう。