水を育む「森のダム」太古から続く水と生物の営み

水を育む「森のダム」太古から続く水と生物の営み
森林は人間が生きていく中で欠かせない水と大きく関わっています。森林は綺麗な空気を生み出すだけでなく、水を貯蔵し土壌を作り出します。しかし、現在、森林が減少しつつあります。木材の利用などを目的にした伐採が原因となって森林が破壊されているのです。ここでは、森林と水、そして生物の繋がりを説明します。

水があるから森が成り立つ

森に入ると、土がふかふかしていることに気付いたことはありませんか?土の中に生き物が動いており、動いたあとが空間になるためふかふかしています。この土は、雨などを吸って水を貯蔵しています。土にはダンゴムシなど多くの虫がおり、目には見えない小さな生き物も存在します。木から葉が落ちると、土の中に潜む小さな虫が葉を食べて、フンをして土になります。森林にある動物の死骸やフンもいずれ森林の土になります。そして、森林の植物たちはこの土で大きく育ちます。

森のダムが水量を調節する

緑のダム?

貯蔵した水は地下の奥深くへ時間をかけて染み込み、地下水となって徐々に川に染み出します。大雨が降った場合、森林の土は貯めこむことができるので、一気に川へ流れるのを防いでくれます。反対に、雨が降っていない場合でも、土の中に貯められた水が、ゆっくり川へ染み出ています。森林の土は、雨が降っている時もそうでない時も、川に流れる雨量を安定させるダムのような働きを担っています。
このようなことから、森林は「緑のダム」と呼ばれています。

森林が水量をコントロール

固い土に、1日およそ数百ミリの大雨が降ると、洪水になることがあります。森林土壌の場合、一気に大量の雨水が降り注いだとしても、難なく浸透させることが可能です。すると、水の流出を均一にして、洪水を遅らせることができます。

また、1日におよそ数十ミリの降雨の場合でも、森林土壌は水を浸透・流出を軽減します。そこで貯蔵された水は、雨が降らない時に徐々に流出することで渇水を防止します。森林がダムのように働くのは、表層にある土壌の土粒子の表面を、染み込んだ水が至って遅いスピードでつたっていくことにあります。

海は森に生かされている

森は、海に住むプランクトンに必要な鉄をたくさん供給します。河川に運ばれたほとんどの鉄は、すぐ海底に沈んでしまいます。海洋表層にいるプランクトンは海底に沈んだ鉄を摂取できないため、鉄不足に陥ります。すると、海の生産が途絶えてしまいます。
河川上流に森林があれば、森林土壌の腐植土から窒素や鉄分などが河川に流出します。これらを海に大量に運ぶことができれば、プランクトンが鉄を摂取できると考えられています。このように、森林は海とも大きな繋がりがあります。

森がおいしい水を育む

森林に降る雨は時間をかけて徐々に土壌に浸透します。はじめに、木々などが大きな傘のような役割をします。伐採したばかりの土地の場合だと、直接雨が降り注ぐため表層に存在する腐植土や枯葉層を流出してしまう恐れがあります。森林に振った雨は、枯葉層から腐植土へ浸透します。腐植土の中には、多くの微生物が住んでいます。これらの微生物は枯葉やフンなどの有機物質を分解する時、炭酸などの無機酸や酢酸などの有機酸を発生させます。無機酸などには鉱物の分解を促す作用があります。このような過程によって、大気中の有害物質を含み、大地に降り注いだ雨水を綺麗にします。腐植土を通過した水は、腐植土の下にある無機鉱質土層へ流れます。この鉱質にカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が水に溶解し、自然の恵みを豊富に含んだ水へ変化させます。

森と水が生んだ水の価値が見直されている

私たち人類の歴史の中で、水道が整備されるまでは井戸の水や山から流れてくる水を使っていました。しかしその井戸や川もまた山や森が蓄えた水から出たものです。もし木々が一切生えない山であれば、降り注いだ雨はそのまま土砂と共に一気に海まで流れてしまうことでしょう。山に木々が生い茂ることで、地下にしっかりと水を蓄えることができるのです。
このように森と水の関係は親密にありますが、前項にあるミネラル分を含む水が近年では注目を浴びています。特にここ最近においては、嗜好性と防災の意識からミネラルウォーターを利用したウォーターサーバーへの関心も高まってきています。
参考:ウォーターサーバー@Ranking

まとめ

新鮮な空気やおいしい水を作るには、森林はなくてはならないものです。これからを生きる子供のたちのためにも森林を守らなければいけません。それでは、私たちはどうすればいいでしょうか?例えば、スーパーで買い物したらレジ袋はもらわずにマイバッグを持参したり、箱はたたんでリサイクルするなど、細かくゴミを分別したりすることができます。まずは、小さなことから始めてみましょう。